元寇の原因は朝鮮王の要請?

元寇の原因は朝鮮王の要請?の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元寇の原因は朝鮮王の要請?【日本】【海外】
今まで元寇はフビライの思惑による侵攻と捉えていたのですが。
知人から元寇の原因は朝鮮王の要請によるものだと聞いたのです。
朝鮮はフビライの命令によって兵や物資を強制されたと聞いていましたが、
朝鮮王の要請となると今までの理解を正さねばいけません。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3440197.html

ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 時代・歴史
 

『高麗史』によると1272年に、
高麗の王世子の椹(後の忠烈王)が、元国のクビライ皇帝に
「惟んみるに、日本は未だに聖化を蒙らず。
故に詔を発し、軍容を継耀せしめんとせば、戦艦兵糧まさに、須いる所あらん、
もし此事を以って臣に委ねなば、王師を小助せん」
と具申したとある。
「元史」によると、元寇の発端は、高麗王の忠烈王が元の皇帝に執拗に、
「東征して日本を属国にするよう勧めた」との記述がある。

そもそも元寇の発端は、
 「元史 卷二百八 列傳第九十五 外夷一 日本國」に、
 『元世祖之至元二年,以高麗人趙彝等言日本國可通,擇可奉使者。』
 「1265年、高麗人の趙彜(ちょうい)という者が、元の世祖・フビライに日本国との通交を勧めた」
とある。

日本が外国勢から侵略を受けるのは、「元寇」が初めてではない。
 日本側の記録によれば(『太宰管内志(大宰府管内誌)』『類聚三代格』『日本三代実録』『百練抄』『日本紀略』『扶桑略記』等)、それまでたびたび侵略を受け、九州北部はもとより薩摩大隅にまで及んでいたことが記録されている。詳細(海賊・倭寇の起源を探る)
 その大半は、朝鮮半島からのものであった。
数隻の賊船によるものがほとんどであったが、
中には、45隻2500人の新羅の者が来襲し、捕らえた捕虜が「王の命令を受けて略奪に来た」と述べたこともあった。(『扶桑略記』)
 また、どこの国のものかは定かではないが、最大規模のもので、
承徳元年(1097年)、異賊船100隻が松浦・筑前に攻め寄せ、大宰府官兵・九州軍士が賊船を撃破し賊徒数万を海没させた、という記録がある。
 九州大宰府は古代から日本外交の窓口の役割を果たしてきたが、
同時にそこは外冦防衛の拠点でもあった。

 その大宰府に蒙古の国書と高麗の副書を携えた高麗の使者が到着したのは、
文永五年(1268年)正月であった。
http://f48.aaa.livedoor.jp/~adsawada/siryou/genko/genko.htm



岩波文庫「高麗史日本伝」によると、
1271年に元朝は、高麗に屯田経略司を置くことを決めています。この時点で、日本へ出兵する準備が始まっていたわけです。
高麗の世子は人質として大都にいましたので、元朝の意向に沿った発言しかできないでしょう。高麗から日本への出兵をお願いした形式を取れば、高麗は出兵のため、どんな無理でもしなければならなくなりますので、元朝の意向により、世子からの要請が行なわれたと判断するのが正しいのでは、ないでしょうか。


1272年の時点で高麗はすでに元の属国でしたが、
それに反発した三別抄による反乱
(彼らは高麗王朝を転覆して新王朝を樹立するつもりだったとも言われています)
が起きており、そして三別抄が1271年に日本に救援を要請していた事を知り
(日本側は黙殺しています)、
日本が三別抄と手を組んで攻め込んでくる危険性を考え、
先手を打とうとしたとも考えられます。
三別抄の反乱は高麗・元の連合軍によって1273年に鎮圧されますが、
その後も忠烈王が日本侵攻を元に要請したのは、
元の軍事力で自分の権力基盤を強化するのが本来の目的であり、
そのために元軍を朝鮮半島に駐屯させるための口実だったとも言われています。
結果的には莫大な経費負担を余儀なくされた上に日本侵攻は失敗したため
高麗王の権威はかえって損なわれてしまいました。
1272年の時点で高麗はすでに元の属国でしたが、それに反発した三別抄による反乱(彼らは高麗王朝を転覆して新王朝を樹立するつもりだったとも言われています)が起きており、そして三別抄が1271年に日本に救援を要請していた事を知り(日本側は黙殺しています)、日本が三別抄と手を組んで攻め込んでくる危険性を考え、先手を打とうとしたとも考えられます。
三別抄の反乱は高麗・元の連合軍によって1273年に鎮圧されますが、その後も忠烈王が日本侵攻を元に要請したのは、元の軍事力で自分の権力基盤を強化するのが本来の目的であり、そのために元軍を朝鮮半島に駐屯させるための口実だったとも言われています。
結果的には莫大な経費負担を余儀なくされた上に日本侵攻は失敗したため結果的に高麗王の権威はかえって損なわれてしまいました。

ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 時代・歴史 ブログパーツ
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teitodennoumou.blog84.fc2.com/tb.php/64-b6d29b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。