自衛隊のイージス鑑【日本】

自衛隊のイージス鑑【日本】の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自衛隊のイージス鑑のレーダーの性能って凄いんですか?

漁船はレーダーに写らないんですか?

後木造船はどうなんでしょうか


イージス艦のレーダーがすごいのは、対空においてです。
空を飛ぶ相手に対しては、200ほどの目標を探知、150ほどの目標を同時追尾、12目標に対して同時攻撃が可能と言う強烈な性能を持ちます。
従来型のレーダーは同時40目標探知、2目標同時攻撃能力ぐらいが関の山です。
さらに、通常のレーダーは1回転するのに時間がかかって表示にタイムラグがありますが、イージスのレーダーはフェーズドアレイレーダーといって、そのタイムラグが無いのです。まあ、空に対しては最強だと思えば正しいです。

しかし、対艦レーダーは、貨物船と同レベルです。
対艦レーダーが優れているのは、戦闘機やヘリコプターなどの航空機です。
イージス艦はもとより、艦隊を空から守る「万能の盾」を意味します。
そして、専門で無い分野にはほぼ無力です。
だからちょっと条件が悪ければ…
たとえば周りが同じような漁船ばかりいて、感度を上げると許容範囲を越してしまうような条件では…漁船を探知できなかった可能性も十分あります。
ただ、それもイージスは克服する手段があります。
複数の艦の探知データを複合して、統合的に状況判断する能力がイージスシステムにはあります。
だから、艦隊行動を採っていれば見逃すはずはないはずです。

ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 戦国時代・歴史
 

イージス艦って何なんですか?戦艦とか空母とは何がちがうんですか


「イージス艦」とは、イージスシステムを搭載したあらゆる艦艇を指す総称である。
したがって戦艦や空母などとは異なり、軍艦の種別の1つではない。
もちろん、イージスを搭載するからには艦隊防空主眼の艦艇であるが、
搭載されるのは巡洋艦・駆逐艦・フリゲートなど多種

イージス・システム(Aegis System)は、アメリカ海軍によって、対空戦闘を重視して開発された高性能艦隊防空戦闘システム。


イージス艦は電子装置による高度な索敵・誘導・標的システムや誘導兵器により広範囲の敵と単艦で交戦します
また、他のイージス艦などど高度な情報通信ネットワークを構築してさらに広範囲の敵と効果的に交戦します。

戦艦は大砲で近接した敵と交戦します。

空母は艦載機で遠距離の敵と交戦します。

歴史的には戦艦→空母→イージス艦の順で発展してきました。


前回答者様、「イージス艦が単艦で戦闘する意味はありません。イージスは艦隊防空のための『盾』ですから。」
回答はじめ。
戦艦は、現代には存在しません。でかいだけで意味が無い。
空母は、航続距離の長い戦闘機や戦闘爆撃機を搭載する海の飛行場。
陸上の空軍飛行場をそっくり海の上に移したと思ってください。
日本のイージス艦は、戦艦、空母とか言う分類で言うと、「巡洋艦と駆逐艦の間」です。
なにをやる船かと言うと、「艦隊(空母や輸送艦)を空の攻撃から守る」ことです。
そのために、高性能の「空を見る装置」対空レーダーを持っていて、
空からの攻撃に対しては鉄壁です。
最近はそれを弾道ミサイルから日本本土を守るのにも使えないかと言うことで、研究が進んでいます。

ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 戦国時代・歴史
 

イージス艦てどんな船?

非常に初歩的な質問で申し訳ないのですが、イージス艦てどんな船の事を言うのでしょう?
また能力は?

機密文書?が流出とありますが、どのようなことが流出したのでしょう。また、それが流出するとどんなことが問題なのですか?

イージス艦のほかにはどのような艦船があるのですか?



イージス艦の「イージス」とはギリシャ神話に登場する「無敵の盾」のことで、
元は米軍の空母艦隊の防空を担当する艦として作られました。

その名のとおり高性能のレーダーや武器統制システムを備えています。

今までの回転式のレーダーではなく、「フェイズド・アレイ・レーダー」というレーダーで船の周りに半球状に「電子の網」を張って、その範囲に入った
艦船や航空機、ミサイルなどを常時捕らえることができて、そのレーダーと連動した攻撃を行える艦のことをいいます。

これにより、従来の回転式レーダーでは構造上、死角や回転する間の誤差などが生じ、同時に2~3個の目標にしか攻撃できなかったのに対し、
イージス艦は常に目標を捕捉できますから、同時に20以上の目標を捕捉でき、同時に12以上の目標を攻撃できます。

イージス艦は以上のように「最強」といわれるほどの艦ですから、そのシステム、性能、武器の性能、情報が流出してしまうと
弱点などが敵にバレてしまうかもしれませんし、また敵がまったく同じものを作ってしまうかもしれません。
イージスシステムはアメリカから貰ったものなので、自衛隊が情報を流出させるのはアメリカの機密情報を
世界中にバラ撒くようなものなのです。

イージス艦のほかには通常のレーダーや武器統制システムを備えた護衛艦や駆逐艦、巡洋艦などがいます。
ほかには機雷を処理する掃海艇や高速で敵を撃滅するミサイル艇などがあります。

現代の水上戦闘では誘導弾などによる遠距離の戦闘が主なので、速力はあまり問題になりません。


イージス艦とは、イージス・システムと呼ばれる最新鋭の防空システムを備えた海上自衛隊の護衛艦のことです。
イージス(Aegis)という名前は、ギリシャ神話に登場する守護神アテナの持つ「イージスの盾」が由来となっており、その名の通り絶対的な防御力を誇ることから由来になってます。

排水量 7250t
長さ 161m
幅 21.0m
深さ 12.0m
喫水 6.2m
エンジン ガスタービン4基 COGAG2軸
馬力 10万馬力
速力 30ノット(約時速55km)
定員 300名


30ノットも出ちゃう 早いぞ !


http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/aegis.htm

ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 戦国時代・歴史
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teitodennoumou.blog84.fc2.com/tb.php/66-84211ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。