イージス艦のアキレス腱

イージス艦のアキレス腱の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イージス艦事故で欠点露呈 日本の安全保障に試練【日本】【残念】

超近代的な「対称」兵器は、前時代的な「非対称」兵器に弱い。
実際に2000年10月、一定の警戒態勢をとっていた米海軍のイージス艦がイエメン沖で、自爆テロ攻撃を受けた。
高性能爆薬を積んだゴムボートは船体に横12メートル、縦6メートルの穴を開け、17人が死亡、39人が負傷している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/worldnews/124288/

ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 戦国・歴史
 
【水上レーダー】
日米イージス艦には船舶を監視する水上レーダーが備えられているが、
大型商船に比べ格段にレベルが高いわけではない。
ところが、ベテラン下士官になると、潜水艦が瞬時に引っ込める潜望鏡の最先端を見破る。
米軍をはじめ諸外国の海軍が一目置く「匠(たくみ)の技」が、
海自の精強ぶりを支えた要素だっただけに、関係者の衝撃は大きい。

【防空レーダーとソナー】
100以上の目標を防空レーダーでとらえ、数十の目標に対処できる能力がイージス艦の強みだが、
出力の大きい近代システムは有事を除き日本近海では出力=性能を大幅に下げるか、オフ状態にしてきた。ソナーも同様だ。
娯楽用を含む民間の電波を阻害することを禁じた電波法が規制し続けてきたからだ。
しかも東シナ海のような浅海では乱反射するため、ソナーでは米海軍でさえまねのできない「匠の技」で、海自は国防を担ってきた。
ハンググライダーや軽飛行機などでテロ攻撃された場合、防ぐのは容易ではない。

【政治の無知】
 さらに恐ろしいのが、政治の認識の甘さ。
安全保障を考慮しない電波法の放置は典型である。

武器使用に至るまでの過程であるROE(交戦規定)は、各国海軍に比べて、踏まなければいけない段階が多い。
誤射の場合も、一般刑法で裁かれるため、軍刑法を保有する諸外国の軍隊に比べ、格段に罪が重くなる。
自衛官は迎撃を躊躇(ちゆうちよ)せざるを得ない。

以上は、政治が自衛隊を軍隊とは認めないことにも起因する弊害だ。

防衛省・自衛隊改革にはまず、戦闘集団であるという自衛隊の本質を政治が理解することから始めねばならない。

抜粋
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/worldnews/124288/


ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 戦国・歴史
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
  1. 名乗るほどの者では…  2008/02/21(木) /17:41

    なんで護衛艦つれてなかったんだろう?
    それが一番疑問

  2. 名乗るほどの者では…  2008/02/22(金) /02:11

    てか漁船も漁船。
    なんであたごの前をわざわざ横切ろうとしたんだか。
    お互いまっすぐすすめばぶつからない状況だったんでしょ?
    強引に前を横切ったりしなきゃこんな惨事にならなかったんじゃないの?
    巻き込まれたら死ぬのは自分達の方ってのはわかりそうなもんだろうに。
    遺族は冷静になれるはずも無いから自衛隊恨みたきゃ勝手に恨めばいいけど世論やマスコミはもっと冷静でもいいと思うんだが

  3.       2008/02/23(土) /10:11

    漁船関係者ごついなー
    なんかヤクザの当たり屋を思い出すな。

  4. 名乗るほどの者では…  2008/02/23(土) /15:01

    蜘蛛の子散らすみたいに
    小型漁船がバラバラに回避するから
    結局舵が切れずに急速後退かけるしかなかったんじゃないの?

    漁船のほうが減速してやりすごせばよかったのに

  5. 名乗るほどの者では…  2008/04/23(水) /03:31

    漁船の強さをなめたらあかん

    にっとうまる【日東丸】
    日本漁船中、最殊勲の漁船の総称。
    ①第23日東丸。特設監視艇。1942年ドゥリットル隊を積んだ米機動部隊を発見、
     第一報を送った後、単身突入、機銃一丁で巡洋艦ナッシュビル及び艦載機と
     交戦。撃沈され総員戦死。米軍に予定繰り上げを強い、B-25不時着の
     遠因となる。その米軍過失の正当化のため、映画「パールハーバー」では
     巡洋艦として描かれている。このほか、第1、8、9日東丸なども特設監視艇
     として活躍。
    ②日本海軍特設駆潜艇。各地の防備隊に配属されたほか、小型船ながらも
     船団護衛にも従事。ニューギニア向船団を護衛、戦没した第18日東丸ほか、
     第3、13、17日東丸などが存在。
    ③第71日東丸。底引き網漁船。1985年、サハリン沖で活動中のソ連原潜と
     底引き網で交戦、力及ばず、生存者3名を残し海中に消える。戦死16名。

コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teitodennoumou.blog84.fc2.com/tb.php/68-2a5d18f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。