明治に入るまでは、日本の馬はポニー程度の大きさだったのですか。

明治に入るまでは、日本の馬はポニー程度の大きさだったのですか。の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明治に入るまでは、日本の馬はポニー程度の大きさだったのですか。【日本】

日本の馬は、西洋人の大きい人には足が地面に付くぐらい小さいと何かで読んだ記憶があるのですが、江戸時代に中国からアラブ種を輸入しなかったのですか。
江戸時代でも中国との交流はありましたよね。


ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 戦国・歴史
江戸時代の馬がポニークラスであったというのは本当です。
ただし西洋人の足が地面に届くほどの馬と言うのは誇張が含まれて居ます。
ポニーと言う言葉から愛玩用のような超小型の馬を連想した人が誇張したのだろうと思います。

ポニーと言うのは決して愛玩用の馬ではありません。
ポロ競技といって乗馬した騎手が手にスティックを持ち激しく駆けあい
ぶつかり合ってボールを奪い合いゴールを目指す英国のスポーツがありますが、強烈に激しいこのスポーツに使われる乗馬は
頑丈で背の低いポニーなのです。

さらにポニーと言っても色々な大きさの馬があります。
大体体高147cm以下の馬はポニーと呼ばれます。
147cmと言っても頭の高さではありません。
馬の体高は背峰(せみね)といって首の根っこの部分で測りますから、
147cmと言うのは結構大きいですよ。


もちろん江戸時代の全ての馬が147cm近い体を持っていたわけではありませんよ。
随分小さな120cm~125cmくらいの小型馬に騎乗した侍の写真も残っています。
それでも少し大きめの日本馬のポニーでしたら江戸時代の小柄な人間が甲冑を着て騎乗するには十分すぎると思います。
当時の日本馬は体高が低い割りに横幅があり、
重量を負担する能力が非常に高かったのです。


江戸時代の種牡馬の輸入ですが、南部あたりではロシア系の血をひいた蒙古系の馬を輸入して品種改良を行っていますし
吉宗の時代には幕府自らがアラビア系のペルシャ馬27頭を輸入しています。

江戸時代からの国産馬の遺伝子を伝えているとされる馬が今も保存保護されていますので、それらのサイトにアクセスすれば
イメージが湧くでしょう。ここは木曽駒のサイトで、木曽駒に騎乗している写真があります。
馬体は少し小さく見えますが騎手の体格が大きくなっている事を考えれば、
それほどおかしくは感じません。
http://homepage2.nifty.com/kousyuryu-kisya/nihonnnouma.htm#乗用馬としての和種

さて私は東京オリンピックの十種競技の候補馬に騎乗したことがありますが、
その馬はアングロアラブで体高が155cm位しかありませんでしたけれども150cmの障害を飛越する馬でした。
そんなアングロアラブよりも体高が低いとはいえ
はるかに頑丈な日本馬が甲冑武者一人乗せて走り回れないはずはないのです。




トロイの木馬で有名なシュリーマンが幕末の日本に着た時の著書によると、
当時日本人は馬の事を小馬と読んでいたそうですが、実際はポニーよりも大きく、
足が付くような小さな馬では無いと書かれています。
小馬という名が、後世にポニーと錯覚される要因になったのではと思います。
ちなみに、朝鮮半島の馬はポニー並の大きさであることは、沢山の写真で明確であり、
朝鮮人が悔し紛れに日本の馬も小さかったと言っているような気がします。


ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 戦国・歴史
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teitodennoumou.blog84.fc2.com/tb.php/72-0279f2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。