なんで日本は国際の反対を無視し、捕鯨し続けるんでしょうか?

なんで日本は国際の反対を無視し、捕鯨し続けるんでしょうか?の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんで日本は国際の反対を無視し、捕鯨し続けるんでしょうか?
鯨の数が明らかに減ってるのに、どこまでやるつもりですか?
お金のために鯨を絶滅させるわけ?
社会のマナーを守り、非常に素晴らしい一面を持ってる一方、
こういう残虐性もとても恐ろしいと思います。


ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 戦国・歴史
捕鯨反対派の実態を知ればそのような考えにはなりませんよ。。。
かなり洗脳されてるみたいなので大変だと思いますが、もう少しお勉強してみてください。
逆にこの質問が釣りであることを願います。


残虐性??君、何たべて生きてるの?鉄?石?プラスチック?




かつてヨーロッパで燃料用の鯨油を得るために乱獲された種はシロナガスクジラなどの体長10メートルから30メートルまでになる大型のクジラで、これら大型のクジラは個体数が最盛期の2~3%程度まで落ち込んだといわれています。
しかし、食用の対象となったマッコウクジラやミンククジラといった小・中型の鯨類が中心で、これらの個体数が絶滅を危惧するまで減少したことは、欧米の乱獲時代から現代を通じて一度もありません。
また、国際的にみて捕鯨国は決して少数派ではありません。
太平洋の島嶼国家の中には、文化保護のために無条件で捕鯨が認められている地域が少なくなく、IWC加盟国の中で少数派だったに過ぎません。
人によって動物に対する考え方が違いますから、クジラを殺すのは可哀想とか、そういう感傷を持つことがおかしいとは思いません。
しかし、データではなく感覚に基づく不確かな根拠で捕鯨を非難したり、1つの食文化である捕鯨を残虐だといって非難するのはおかしいと思います。
イスラム教徒が異教徒に豚食を止めさせようとしたり、ヒンズー教徒が牛食を止めさせようとし始めたらあなたはどう思いますか?
クジラは個人がどういう感傷を持とうとも水産資源です。



捕鯨を特に反対している国はどこなんでしょうね?w

それが分かればこの問題の見方も少し変わるかもしれませんよ^^



捕鯨問題の要点は
①反対国の発想のスタートは『鯨は高度な知能を持った動物=反対』といった白人的極単純な発想。
②グリーンPなど環境保護団体は過激な活動を行ってきた事で政治力・資金力を得た。
この既得権益を守る為には反対活動をし続けなければならない。

以上2点です。

鯨は捕鯨禁止になった約20年の間に個体が増えすぎてしまい漁業資源の脅威となっています。
九州では『イカ饅頭』という商品のCMでイカを一番消費するのは日本人じゃなくてマッコウクジラだよ!!とネタにしています。
地球上の生物は食物連鎖のルールの中で生きています。
人間は乱獲によってこのルールを乱してきましたが、無用な保護もまたルール違反のように感じます。
捕鯨の日本人の食文化における地位は非常に高く、また日本人の『命』を頂く事への感謝の念は『鯨』文化が一番わかりやすい様に思います。


貴方の仰る国際とは、どこですか?
鯨が減っているのは、誰が調べているのですか?
昔はイギリス、アメリカ、ノルウエイ等々の国が金儲けの為に、鯨を捕っていたが、段々捕れなくなり金儲けにならなくなったので、その利権を日本に高く売りつけたのです。
日本には、牛が居ません。それで動物性蛋白は海から求めなくてはなりませんので捕鯨が必要です。
貴方は牛の屠殺を見た事がありますか?
牛の屠殺は素晴らしいことで、捕鯨は残虐ですか?
今アメリカ産の牛肉問題は何故起きているのですか?
牛は哺乳動物では無いとでも仰りたいのですか?


ニュース 民族・風習・伝統 歴史 ブログ村 戦国・歴史
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teitodennoumou.blog84.fc2.com/tb.php/74-345b80f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。