日本の武士道 Japanese BUSIDO saved lives【天晴】【日本】

日本の武士道 Japanese BUSIDO saved lives【天晴】【日本】の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の武士道1 Japanese BUSIDO saved lives
http://jp.youtube.com/watch?v=wRcOmYgdp4E

日本の武士道2 Japanese BUSIDO saved lives
http://jp.youtube.com/watch?v=QByCyliKXcI

日本の武士道3 Japanese BUSIDO saved lives
http://jp.youtube.com/watch?v=Q_SbowJUWV4


WW2時、イギリス海軍400人余り、敵の攻撃によって海に放り出された、その後、そ の海域に通りかかったのは敵である大日本帝国海軍の戦艦だった・・・
Ikazuchi (meaning "thunder") was a destroyer of the Imperial Japanese Navy. During the first months of 1942, Ikazuchi participated in the East Indies campaign, including the invasion of Java and the battle of the Java Sea on March 1 March in which the British cruiser Exeter, destroyer Encounter and U.S. destroyer Pope were sunk.
The Ikazuchi crew saved 422 limey who drifted.


日本の誇り高き武士道 「敵兵を救助せよ」Japanese BUSIDO saved lives【再編集版】
http://jp.youtube.com/watch?v=gpVq2xlaT3I 
中国が、日本を残虐非道の極悪な民族だとアサヒって(ねつ造する意味)いるが、日本に は卑怯な手を使ってまで勝つ事や徹底的に虐殺し根絶やしにしてしまう事を良しとしない 文化が根強くある。一部例外もあるが、敵の武勇を「敵ながらあっぱれ」と褒め称え、「 窮鳥、懐に入るときは漁師もこれを撃たず」等の諺は、「剛毅なる者は柔和なる者であり 、愛ある者は勇敢なものである」という事を表している好例である。

 武士道の精神は、意外にも本来のキリスト教の精神にも似ている。「友のために自分の命 を捨てること、これより大いなる愛はない」と言ったイエスのことばは、神風特攻隊の精 神そのものであるし、「敵を愛し、迫害する者のために祈れ」は、まさに敵に塩を送る日 本の文化、この動画の話そのものである。キリスト教文化圏にあるものこそ、日本の武士 道を評価できるはずだ。

 もっとも、「義に過ぎれば固くなり、仁に過ぎれば弱くなる」とおり、自己主張の強い、 虐殺を繰り返してきた大陸の民族に比べて日本人は駆け引きには弱い面があり、外交上の 敗北を幾度となく繰り返してきたのも事実である。日本民族が持っているそうした弱い一 面を改めなければ、外交戦争には勝てないので、今一度、自らを改め直す必要がある。

~元になった書籍~
サムエル フォール著 「My lucky life」
元海上自衛官 惠隆之介著「敵兵を救助せよ」

~元ファイル~ 日本の武士道1~3Japanese BUSIDO saved lives

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
  1. 鉄砲が無くてもサムライに惨敗していた朝鮮兵  2008/07/07(月) /08:54

    鉄砲が無くてもサムライに惨敗していた朝鮮兵

    http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pfree&nid=360939

コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teitodennoumou.blog84.fc2.com/tb.php/82-8852effe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。